MENU

おまとめローンの審査通過率アップ!確認必須の重要ポイント

おまとめローンの審査について

経済的な事情から仕方なく幾つもの金融機関からお金を借りたけれど、金利の負担や個別の返済に関する手間が大変すぎて困っているという方、いらっしゃるかと思います。そうした方は少しでも負担を軽減するために債務の一本化を図るおまとめローンを活用することがオススメですが、おまとめローンは通常のキャッシング・カードローンに比べると審査が厳しいとされており、誰でも気軽に利用できるわけではありません。

 

また、おまとめローンは審査の基準もキャッシング・カードローンと若干重視されるポイントが異なりますので、以下では審査通過率をアップさせるために事前に確認しておいて欲しいポイントについて詳しくご説明していきたいと思います。

ココをチェックして審査をクリア!5つの重要ポイント

他社借入件数

おまとめローンの審査において最も重視される傾向にあるのが、他の金融機関から借り入れている件数です。おまとめローンは債務を一本化するローン商品ですから、当然ながら複数の金融機関から借入を行っているわけですが、その借入件数は多ければ多いほど審査は厳しくなります。これは、多くの金融機関から借り入れなければならないほど経済的に困窮している可能性が高いと判断されるためで、おまとめローンを提供する金融機関としても返済不能リスクの高い人への融資はできるだけ避けたいと考えているからです。具体的に何件以上借入があると、おまとめローンの利用ができないのかという点は顧客の状況や金融機関の規定ごとに差がありますが、概ね5件を超える借入がある場合には、その時点でおまとめローンの利用は難しいとされています。

返済実績

上記でも述べたように金融機関は、債務者がしっかりと完済してくれるかどうかを最重要として捉えています。そのため、これまで債務者が借り入れた債務を滞納や踏み倒し、減額請求等なく正しく返済していたかという実績も審査の大きなポイントとしています。特に3ヶ月以上の滞納や自己破産などを行った場合、顧客の信用情報を管理する信用情報機関に事故情報として登録されてしまうことからおまとめローンの審査をクリアするのは非常に難しくなると考えておく必要があります。

年収

どんなローン商品であっても年収は審査の大切なポイントとなりますが、おまとめローンにおいてその傾向は顕著です。例えば、カードローン・キャッシングの利用では一般的に具体的な年収制限は記載されず「安定した収入のある方」としていますが、東京スター銀行のおまとめローンでは「年収200万円以上の方」といったように具体的な年収による制限が設けられています。

職業

顧客の信頼性を判断する大きな材料となるのが職業です。金融機関は一時的な所得の大きさよりも安定性を重視する側面があるため、フリーランスや年・時期に応じて収入の変化が大きい職業に比べ、公務員や大手企業の社員などに積極的に融資を行う傾向にあります。また、同時に勤続年数も信頼性を見る基準の1つとなっており、1社の勤め期間が長ければ長いほど評価が高くなります。一方、勤続期間が半年や一年未満の方は、審査が厳しくなりがちであると考えておく必要があるでしょう。

時期

最後に審査通過の裏ワザ的なポイントをご紹介すると、申し込む時期も審査に影響を与えると考えられています。金融機関も通常の企業と同じく、当たり前ですが利益や決算をとても大切にしているため、決算期の多い3月末や9月末などの時期は審査のハードルを下げるわけです。ですので、通過の確率をアップさせたいと考えている方は、こうした時期を狙ってみるのも良い手と言えます。

まとめ

以上、おまとめローンの審査に影響する5つの重要ポイントをご紹介してきました。簡単に変更することが困難なものもありますが、しっかりポイントを押さえ、できるだけ有利な状況で審査に申し込むように心掛けましょう。

 

おまとめローンの詳細