おまとめローン デメリット

MENU

おまとめローンの落とし穴に注意しよう

銀行などの金融商品の一つとして必ずといっていいほど用意されているのが、おまとめローンというものです。これは、多重債務者向けの金融商品で、「複数社の借金を一本化して、長期的な顧客になってもらう」というのが狙いのローンです。利用者からしてみれば、支払いが一本化して返済しやすくなりますし、銀行からしてみれば長期顧客をゲットすることで利益を出しやすくするという、まさにWin-Winな関係と言えます。しかし、本当に両者が得をするのかというと、実はそうではありません。場合によっては、まとめてしまったことで支払総額が増えてしまったという話もありますので注意が必要です。

 

おまとめローンというのは、借金を一本化するわけですからその借入額というのは大きくなります。そして、その金額を返済するためには、返済期間というのは当然長くなります。返済期間が長くなると、その分利息が掛かりますから、目先の数%という数字に目がくらみ安易に契約してしまうと、金額で見たら数十万単位で支払い額が増えているなんていうことも珍しくはないのです。

 

おまとめローンというのは、最終手段の一つと言える手段です。契約を結ぶ前に、必ず自分の借金の把握と契約することで月々の支払い額、またそれに伴う総支払額をしっかりと計算しないと、真にお互いが得をするローン契約とはならないのです。